JAPAN PODCAST AWARDS ベストナレッジ賞番組「a scope」シーズン2がSpotifyにて7月15日配信開始

Date
July 15, 2022
isLatest
Category
プレスリリース
image

〜「 a scope 〜資本主義の未来編〜」と題し、資本主義をテーマに配信〜

Apple Podcast ランキング1位*の「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」を運営する株式会社COTEN 代表取締役 深井龍之介は、Podcast Studio Chronicle 代表 野村高文と、2022年7月15日より「 a scope 〜資本主義の未来編〜」を配信します。

シーズン1では宗教学・物理学・文化人類学など7つの学問分野における研究者の方々との対話をお届けしました。シーズン2では現代社会の基盤となっている「資本主義」をテーマに、資本主義の仕組みや今後の行く末をゲストとの対話を通じて考えていきます。

本作は、音声ストリーミングサービスSpotifyが運営する「クリエイター・サポート・プログラム」に採択され、Spotifyにて独占配信いたします。また書き起こしの記事をソーシャル経済メディアNewsPicksに掲載いたします。

*2022年7月15日現在

「a scope 〜資本主義の未来編〜」番組概要

現代社会の基盤となっている「資本主義」。私たちは、資本主義とそれに伴う経済成長のおかげで、豊かな生活を享受してきました。しかし昨今では、経済格差の進展や地球環境への負荷など、負の側面も指摘されています。そこで本作では、学識者、経営者を中心にさまざま専門家の方をゲストにお招きし、資本主義の現在位置と、その行き先を議論していきます。前作「a scope 〜リベラルアーツで世界を視る目が変わる〜」に引き続き、メインMCは深井龍之介、サブMCは野村高文が担当します。

🔊
配信日:毎週金曜午前6時配信 配信形態:Spotify独占配信 配信URL:https://open.spotify.com/show/6Wg8C5S0lonShoWReujAip 記事URL:https://newspicks.com/user/20024 前作「a scope 〜リベラルアーツで世界を視る目が変わる〜」(第3回 JAPAN PODCAST AWARDS ベストナレッジ賞 受賞作)https://open.spotify.com/show/5J4aIjFLjTF06PiFrZ5lhW

<登壇予定ゲスト>

※2022年7月15日時点

・山形浩生 氏(評論家/翻訳家) トマ・ピケティ著『21世紀の資本』をはじめ、多数の翻訳書を手がけたことで知られる山形さん。開発コンサルタントとして、長年、発展途上国の経済援助に携わられた一面もお持ちです。資本主義の現場を熟知した山形さんに、昨今話題に上がっている「ポスト資本主義」への見解を伺います。

・武井浩三 氏(社会活動家/社会システムデザイナー) 「共感資本主義の実現を目指す」をビジョンとして、「共感コミュニティ通貨」や「非営利型株式会社」など、実験的な試みを次々に行っている株式会社eumo。その代表を務める武井さんに、実践したからこそ見えてきた、新しい資本主義の可能性と課題についてお話しいただきます。

・瀧俊雄 氏(株式会社マネーフォワード 執行役員CoPA) スタンフォード大学でMBAを取得し、証券会社、シンクタンク、フィンテック企業など、一貫して金融業界の第一線を走り続けている瀧さん。経済・金融分野の専門家の視点から、問題を抱えつつも、強靭な構造を持つ資本主義の特性について語っていただきます。

パーソナリティコメント

深井 龍之介:

シーズン1の「a scope 〜リベラルアーツで世界を視る目が変わる〜」は、様々な学問から様々な視点を学んだシーズンでした。今回、番組全体のテーマとして設定した「資本主義」は、一つの領域にすぎないように思えるかもしれませんが、僕たちの生活に密接に関わっており、それだけで多様な視点を持つことができる、超ビッグテーマだと思っています。前シーズンに引き続き、僕自身も学ぶ側としてこの番組に参加しています。番組名である “scope” の意味の通り、みなさんと一緒に様々な視点・視野を持って学ぶことを楽しみにしています。

野村 高文:

おかげさまで「a scope」のシーズン2を配信できる運びとなりました。資本主義が発明されて以来、世界の経済成長は段違いに加速し、私たちはその果実を享受してきました。数年前に話題になった『FACTFULNESS』などでも指摘されている通り、「世界が豊かになり続けていること」に疑いはありません。それでもなぜ、私たちは息苦しさを感じ、漠然とした将来への不安を抱えているのか。資本主義のどの部分を変えていけば、こうした不安を解消する糸口をつかめるのか。一筋縄では解決が難しいこの問いに対して、深井さん、ゲストの皆さんと考えていきたいと思います。

パーソナリティプロフィール

深井 龍之介/株式会社COTEN 代表取締役

島根県出雲市出身。大学卒業後、大手電機メーカーや複数のベンチャー企業の取締役・社外取締役などを経て、2016年に株式会社COTENを設立。「メタ認知を高めるきっかけを提供する」をミッションに掲げ、3500年分の世界史情報を体系的に整理。数百冊の本を読んで初めて分かるような社会や人間の傾向・行動パターンを、誰もが抽出可能にする「世界史データベース」を開発中。COTENの広報活動として「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」を配信。2019年には、「JAPAN PODCAST AWARDS2019」で大賞とSpotify賞をダブル受賞。 Apple Podcast総合ランキング1位*。NTT「ナチュラルな社会をめざすラボ」顧問。

*2022年7月15日現在

野村 高文/Podcast Studio Chronicle代表

音声プロデューサー・編集者。愛知県知立市出身。東京大学文学部卒。PHP研究所、ボストン・コンサルティング・グループを経て、2015年にNewsPicksに入社。NewsPicksアカデミア マネージャー、編集部デスク、音声事業プロデューサーなどを歴任。2022年に独立し、Podcastレーベル「Chronicle(クロニクル)」を立ち上げ。手掛けたPodcastに「News Connect あなたと経済をつなぐ5分間」「みんなのメンタールーム」「The Reading List 未来に残るビジネス名著」など。TBSラジオ「テンカイズ」に出演中。旅と柴犬とプロ野球が好き。